MENU

育毛剤には、どんな成分が含まれている?

育毛剤によく使用されている成分に、センブリエキスがあります。
センブリエキスは漢方薬にも使われているセンブリから抽出したもので、血行を促進したり細胞分裂を活性化したりする作用があります。センブリエキスによって血行が良くなると、髪の毛や頭皮に良い栄養素が届きやすくなります。

 

また健康な頭皮や髪の毛を作るには細胞分裂が欠かせません。頭皮の痒みやフケなど、頭皮環境が悪い人はグリチルリチン酸ジカリウムを含んだ育毛剤が効果的です。グリチルリチン酸は甘草の根っこから抽出される成分で、抗炎症作用を持っています。そして、グリチルリチン酸ジカリウムはカリウム塩を除去したもので、医療向けでもあります。炎症を抑える効果が高すぎるので、薬事法では化粧品や育毛剤に配合する時は比率を制限しています。
また、グリチルリチン酸ジカリウムは抗アレルギー作用もあるので、育毛剤に含まれる他の成分の刺激が強くても、アレルギー症状が出るのを抑えてくれます。オウゴンエキスには男性ホルモンを抑制する作用があります。男性ホルモンは皮脂の過剰分泌を引き起こすことがあり、頭皮環境を悪化させます。

 

またAGAの原因は男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されることなので、大量に男性ホルモンが分泌されると抜け毛が増えるといわれています。オウゴンエキスを与えることで男性ホルモンの量を調整でき、他の植物エキスとの相乗効果も狙えます。

 

病院で処方される育毛剤の主成分は、ミノキシジルです。ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬でしたが、育毛剤として使うと血行を促進することがわかっています。ミノキシジルタブレットとして内服薬も存在しますが、日本では認可されていない薬なので、病院の処方で一般的なのはミノキシジルを配合した育毛剤です。

 

AGAの病院に行くのをためらっている人は、一般医薬品として売られている育毛剤をドラッグストアで購入できるので、本格的なAGA対策が可能です。興味のある人はお近くのドラッグストアで探してみてください。