MENU

育毛剤って医薬品なの?(育毛剤の種類について)

育毛剤には医薬品の種類のものと、医薬部外品の種類のものがあります。

 

医薬品の育毛剤はお医者さんが処方したり、薬剤師さんが提供したりする必要があるので、ドラッグストアなどで薬剤師さんが管理せずに市販されているのは医薬部外品の育毛剤ということになります。

 

医薬品の育毛剤は薬事法という法律によって詳細な部分についても規制がされているので、配合されている成分や、その原料、製造する方法、効果についてラベルに記す内容についても、とても細かいチェックがされています。

 

そして、国から認可してもらうためには審査に通過する必要があります。そのため用法や用量を守って使う必要があります。審査に通過している製品であるため、育毛の効果が高い成分をたくさん配合することが可能なので、医薬部外品の製品より髪の毛が薄くなっている症状が改善される確率が高くなります。

 

医薬部外品の製品は、髪の毛が薄くなっている症状を治すことよりは、髪の毛が薄くなっている症状を予防することポイントを置いています。そのために、医薬部外品の製品だけで薄毛治療を行うというものではありません。

 

とはいっても近頃の医薬部外品の育毛剤の中には医薬部外品の製品でも、発毛の効果が期待できるものが、たくさんあります。

 

医薬部外品の製品に配合されている育毛に効果がある成分も、天然の身体にとって優しい成分などが、たくさん配合されているため、同じ医薬部外品の製品を使用した人によって育毛の効果に差が生じることが多いようです。

 

しかし、医薬品の製品とは異なり、ほとんど副作用がありません。本格的に薄毛治療に取り組む場合は医薬品の育毛剤を選ぶのが適していて、身体に負担をかけないように副作用を引き起こすことが心配な場合は医薬部外品の育毛剤を選ぶのが適しています。

 

どちらの種類を選ぶのかは、使用する人の頭皮のコンディションや、髪の毛の薄くなっている症状がどのぐらい進行しているかという状況によって違ってきます。